南紀白浜

2010年10月28〜29日、南紀白浜に行ってきました。新幹線と特急くろしおによる往復。あわただしい旅行でしたが、白浜の名勝も一通り廻ることができました。

29日、JR白浜駅にて一人1,000円のフリー乗車券を購入し、明光バスにて名勝廻り。

 

まず向かったのは三段壁

 

土産物店の立ち並ぶ通りを抜けると、高さ約50m、断崖絶壁が約2kmも続く景観が目に入ります。

 

ここには地下36mの「三段壁洞窟」もあるが今回はパス。


 

三段壁を後にし、白良浜方面へ約15分歩くと千畳敷です。

 

畳を幾重にも重ねたような岩の様子から、この名称になったようです。

 


 

白良浜

 

延長640mの遠浅の浜。90%の珪酸を含む石英砂は、文字通り真っ白でサラサラの砂。


 

白い砂はオーストラリアからもってきたものとか


 

白浜のシンボルとして親しまれている円月島

 

島の中央に円月形の海蝕洞がぽっかり開いていることから「円月島」と呼ばれている。

 

日の沈む夕景の美しさは格別らしいが、観ることができず残念。


 

最後は「とれとれ市場」

 

さぁーーっと観て、白浜駅へ。

 

トータル2時間弱の観光でした。