自作メインPC

従来使っていたPentium4 2.4GHz CPU の自作PCが遅く感じられるようになり、2009年2月に自作しました。OS はWindows XP Pro 、液晶モニターは BenQ のG2200W(1680*1050 pixels)。

動作は安定、速度もまずまずだが、CPU ファン(?)が五月蝿い。

項目 概略仕様 備考
マザーボード ATX,LGA775,P45+ICH10R GA-EP45-UD3LR
CPU 2 core,3GHz,65W Core 2 Duo E8400 BOX
Main Memory DDR2 PC2-6400 2GB*2 Pulsar DCDDR2-4GB-800
ビデオカード NVIDIA GeForce 9500 GT
PCI-Express2.0x16,512MB
GF9500GT-E512H/HS
Fanレス
HDD 640GB,SATA300,7200 WD6400AAKS
DVD ドライブ DVD-R DL,ATAPI PIONEER DVR-111
ケース・電源 80Plus 500W,ATX ミドル Sonata V

下の左図に示すケース前面のカバーを開かないと電源スイッチを操作できないため、通常はマウスのダブルクリックで電源を投入している。DVDを使う時は止むを得ず、前面カバーを開ける。

ケースを開けるときは下の右図に示すネジ 1 (上下2個)を緩め、鍵 2 を時計方向に回して開放し、 3 を右方向にずらしながら、左側面カバーを 4 の方向に引く。かなりキツイ。自宅PC用としては非常に大袈裟であり、失敗。